ホーム会津の地酒開当男山酒造>開当男山・普通酒1.8リットル
開当男山・普通酒 開当男山・普通酒

開当男山・本格辛口1.8L
開当男山・純米酒1.8L
◆開当男山・普通酒1.8L
開当男山・純米吟醸1.8L


開当男山酒造
福島県南会津郡南会津町は、江戸時代には幕府直轄の天領地として独自の文化を育み、田島祇園祭などはその代表的なお祭りとして有名です。その伝統とともに、お酒もまた地元の人々に大切に守られてきた伝統文化です。創業は享保元(1716)年。創始者の当家3代目渡部開当(はるまさ)の開当がそのまま銘柄となっており、以来14代、300年にわたり寒冷地を生かした独自の酒造りに取り組み、現在は蔵人すべてが地元の者になり、昼夜を通してよりいっそう丁寧な酒造りに励んでおります。




●当店は未成年者へのお酒の販売は致しません。
日本酒度
酸度
アルコール度
-1
1.2
15.3

開当男山の普通酒。まろやかで口当たりが柔らかく、味わいの深さが特徴の飲み飽きしない好酒。毎日の晩酌にも最適です。

単価 : ¥1,890 (税込み)
数量:  
お取り寄せ商品 3〜5営業日位で発送予定


■買物カゴの中身を確認
送料とお支払方法

開当男山・普通酒
寒冷地独特の風土と清らかな雪どけ水を生かして、蔵人たちが酒造りに取り組んでおります。
開当男山・普通酒
銘柄の開當男山は、享保年間に酒造業をおこした3代目、渡部開當(はるまさ)からとったもの。以後会社組織をとらずに酒造りが営まれています。杜氏以外はリンゴ作り等に従事する地元の蔵人だが、切れの良い軽みのある吟醸造りには越後流の特徴が反映されている。全量自家精米、吟醸は専用の仕込室を設け、総米量750kgの小仕込に徹している。
スイスイ飲めるような酒。又、料理の味のうま味や新鮮味を引き立てたり、味の補完能力があり巧みのバランスする呼吸を備えたような酒を求めて、寒冷地独特の風土と清らかな雪どけ水を生かして、蔵人たちが酒造りに取り組んでおります。
開当男山・本醸造(辛口)
のど越し爽やかできりりとした 本格辛口の酒。 どこか優しさが残る。それが蔵のお酒造りの真骨頂、飲む人にそれが伝わるのがこのお酒です。

1.8L 
開当男山・純米酒
引き込んだ時に甘味としょっぱみが顔をだし、後に行くに従って甘味がゆったりと広がってゆく。魚の煮つけなどによく合う酒。

1.8L 
開当男山・純米吟醸 開当男山・純米吟醸
桃のような香りを帯びたなめらかな味の広がりが心地よく、純米ならではの味の幅、旨味を伴い、山あいの地の素朴な風土性を映した好酒。常温でもその旨味が広がります。