ホームワインフランスワイン>2008年シャトー・クラーク 750ml
2008年シャトー・クラーク 2008年シャトー・クラーク
2009年シャトー・プジョー

2008年シャトー・クラーク

2007年シャトー・クラーク

2005年シャトー・クラーク


1995年シャトー・シャススプリーン

送料とお支払方法

メドックで一番すばらしい変化をとげたシャトーのひとつとしてロバート・パーカー氏に絶賛されたシャトー。1973年 エドモント・ロ−トシルト男爵が、最新設備の導入と、畑を植えかえる長期計画に着手。82年以前のワインは、どちらかと言えば、痩せていて、未成熟の荒さがあり、新樽の影響が強すぎた。82年ものは、改良のあとが見られたが、その後はもとに戻った感がある。


単価 : ¥ 4,805 (税込み)

数量:   残り2本


■買物カゴの中身を確認
2008年シャトー・クラーク
2008年シャトー・クラーク
シャトー・クラークはメドックの格付制度下ではクリュ・ブルジョアという中流クラスにしかランクされていないが、このワインは近年めざましい発展を遂げ、多くの専門家の評価では出来のいい年にほとんどグラン・クリュと変わらないと言われている。しかもこの土地のぶどうはまだ新しく植え付けられたばかりで成長の極みに達していない、しかしながら今後の成長は計り知れないものがあると考えられている。
1997年にエドモントが世を去ると息子のベンジャマンがこのぶどう園を引き継ぎ、これまた父と変わらぬ熱心さでぶどう造りに取り組んだ。彼のワインは試飲会のたびにグラン・クリュ・シャトーを震え上がらせるほどの出来栄えであった。
それが証拠に「ヨーロッパ審査委員会」が2005年に審査したシャトー・クラークの2000年ものは、140シャトー中43位にランクされ、シャトー・ムートンよりわずか4番下位、シャトー・ラフィットより48番上位だったのである 2008年シャトー・クラーク
カベルネソーヴィニヨン
シャトー・クラークはメドックの中で最も偉大なワインとして造られています。発酵や貯蔵の施設は近代的ですが、時間に敬意を払う伝統に基づいて熟成させるセラーは、新しいオ−ク樽で満杯になっています。ワインはボトルに詰められるまでにそこで12〜16ヵ月ほど注意深く熟成させます
2008年シャトー・クラーク
シャトークラーク 中位の濃さのルビー色をし、一貫したリムストラクチャーを持つ。ミディアムボディ、フルーティーでフレッシュ、少々青っぽいタンニンと、ドライな後味を持つが、熟成により更に良くなるであろう。
葡萄品種名: カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー
生産地: フランス、ボルドー 、リストラック
生産者: シャトー・クラーク・バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト
スタイル: 辛口
容量: 750mL


●当店は未成年者へのお酒の販売は致しません。
2009年シャトー・プジョー750ml 2007年シャトー・クラーク 750ml 2005年シャトー・クラーク750ml